足関節捻挫

捻挫とは、内がえし捻挫と外がえし捻挫があるが大半は内がえし捻挫である。内返し捻挫での外側靭帯損傷としては、最初に前距腓靭帯が損傷され、さらに内反強制されることで踵腓靭帯が損傷される。

症状

靭帯損傷部の疼痛、圧痛、腫脹、皮下出血が主となり、内反強制の際に距骨と内果での衝突により内側部に痛みが生じることもある。

また、初回捻挫発症時などにおける不適切な対処により陳旧性となることで、慢性的な足部鈍痛,易疲労感、不安定性、可動域制限などがみられるようになる。さらには、癒着性や肥厚性の関節包炎などをきたすことがあるため、長時間の歩行やスポーツ活動に大きな影響を及ぼす。

治療

痛みがあるということはなにか原因があります。患者様の多くは、テーピングやアイシングをしたりと対症療法を行っている方がほとんどです。

長居のうめもと鍼灸整骨院では、原因をつきとめ根本的に改善していきます。最新の医療機器を使い、適切な施術を行い自宅でできる怪我の対策も行ってもらい早期改善を目指します。なにか痛みを感じたり違和感を感じたときは、

住吉区長居にあるうめもと鍼灸整骨院へお早めにご連絡下さい。

本気で体の不調を改善したい方のための初回特別価格

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽に電話からご予約ください。『うめもと鍼灸整骨院です。』とスタッフが電話に出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』、とお伝えいただき、お悩みの症状や希望のメニューをお伝えください。初回体験コースをご希望の場合はその旨も併せてお伝えください。ご来院をお待ちしております。

予約優先制

水曜日午後は予約制

住所:
〒558-0003 大阪府大阪市住吉区長居4-11-24 カーサビアンカ1-1

ご注意:
初診の方は、問診票記入などお時間がかかることがありますので、前もってお電話頂いたほうがスムーズに治療に入ることができます。

Google Map