半月板損傷

原因

脛骨関節面の辺縁部を覆う半月板は、環状(O型)の外側半月板と半環状(C型)の内側半月板との2つで構成されている。これらは、荷重における緩衝作用や関節適合作用、さらに膝関節の屈曲、伸展運動に伴い前後に移動することで、円滑な関節運動を助けるなどの働きがある。

主に、荷重した状態での膝関節屈曲位において、下腿に強い回旋力が生じる結果、大腿骨と脛骨との間で半月板の一部に挟まれて発症する。

スポーツ活動におけるターンやステップ動作にて、急激に膝を捻ることで損傷を生じることが最も多く、前十字靭帯損傷と合併することもある。また長年のスポーツ活動や重労働、形態異常である円板状半月における慢性的な小外傷の繰り返し、中高年における半月板の退行変性や変形性膝関節症との合併により生じることもある。

症状

受傷直後の急性症状としては、関節裂隙部の疼痛、腫脹、関節水腫、血腫、可動域制限が主となる。慢性症状においては、スポーツ活動や階段の昇降、長時間の歩行などによる運動時痛や関節裂隙部の圧痛がみられる。損傷形態により縦断裂、水平断裂、横断裂、混合型などに分類され無血管野である内縁部での修復能は低いとされている。

当院では、最新の医療機器を使用し手技療法を行い適切な施術を行います。自宅でもできる治療法をお伝えするので早期改善が実現できます。少しでも膝に違和感を感じたときは、住吉区長居にあるうめもと鍼灸整骨院へお問い合わせ下さい。

本気で体の不調を改善したい方のための初回特別価格

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽に電話からご予約ください。『うめもと鍼灸整骨院です。』とスタッフが電話に出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』、とお伝えいただき、お悩みの症状や希望のメニューをお伝えください。初回体験コースをご希望の場合はその旨も併せてお伝えください。ご来院をお待ちしております。

予約優先制

水曜日午後は予約制

住所:
〒558-0003 大阪府大阪市住吉区長居4-11-24 カーサビアンカ1-1

ご注意:
初診の方は、問診票記入などお時間がかかることがありますので、前もってお電話頂いたほうがスムーズに治療に入ることができます。

Google Map