シンスプリント

原因)

いわゆるシンスプリントとは、脛骨内側後縁中央下3分の1にかけて疼痛や圧痛が生じた状態をいう。主に、スポーツ活動でのオーバーユースにより、ヒラメ筋や後脛骨筋、長趾屈筋の付着部での炎症、あるいは脛骨捻転ストレスにおける骨膜の炎症をきたすと考えられているが、不明な点も多い。

また、その基盤として硬い体育館の床やアスファルトでの継続的な活動、足関節背屈可動域低下、および足部アライメント異常が挙げられる。陸上競技の中・長距離選手に多く、次いで跳躍競技のバレーボールやバスケットボール選手などに好発する。

治療

痛みがあるということはなにか原因があります。患者様の多くは、テーピングやアイシングをしたりと対症療法を行っている方がほとんどです。長居のうめもと鍼灸整骨院では、原因をつきとめ根本的に改善していきます。最新の医療機器を使い、適切な施術を行い自宅でできる怪我の対策も行ってもらい早期改善を目指します。

なにか痛みを感じたり違和感を感じたときは、住吉区長居にあるうめもと鍼灸整骨院へお早めにご連絡下さい。

本気で体の不調を改善したい方のための初回特別価格

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽に電話からご予約ください。『うめもと鍼灸整骨院です。』とスタッフが電話に出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』、とお伝えいただき、お悩みの症状や希望のメニューをお伝えください。初回体験コースをご希望の場合はその旨も併せてお伝えください。ご来院をお待ちしております。

予約優先制

水曜日午後は予約制

住所:
〒558-0003 大阪府大阪市住吉区長居4-11-24 カーサビアンカ1-1

ご注意:
初診の方は、問診票記入などお時間がかかることがありますので、前もってお電話頂いたほうがスムーズに治療に入ることができます。

Google Map